毛をかき上げたときの富士の裾野

20代までは富士額でチャームポイントでもありました。

それが30歳を過ぎた頃、毛をかき上げたときの富士の裾野がなんだかぼんやりし出しました。薄くなり初めてからはそれこそ山から転げ落ちるスピードで、自慢だった富士山はM字ハゲへと姿を変えてしまいました。原因はやはり遺伝にありだと思っています。

ふさふさな父に引き換え、祖父が30代で僕そっくりのおでこをしていました。効果的に育毛剤を使用するためには、頭皮の汚れを先に落としてから用いることが大事なことです。頭皮が汚れた状態で使っても、頭皮の奥まで有効成分が浸透しないので、本来の効果を受けることができないのです。
そのため、入浴した後の就寝前に用いるのが最も効果的となるでしょう。M字ハゲと呼ばれている症状は、専門的には最近よく聴くAGAという男性型脱毛症のことです。
この症状は、主に男性ホルモンの作用により引き起こされるという非常に遺伝的要素を多くふくむ脱毛症なのです。

現在、AGAに関していえば、発症原因の解明は明白になされているので、早めにAGA治療専門の病院に通えば、ちゃんと効果が見込める治療を受けられるのです。
夜勤でしごとをする時は、15時から翌日の早朝4時くらいまで働く事になります。それから、その後の週は8時半から夕方5時半までの通常勤務という極めて不規則なシフトで作業するしごと場で睡眠時間帯が毎日同じでないため、抜け毛が増えました。発毛サイクルには睡眠時間と規則正しい生活が、かなり影響すると思うのです。夫が実はAGAです。

 

薄い!というと傷心するので、内ではAGAといってごまかしています。「今のご時世AGAは治療法も薬で治るんだ」といってもクリニックに来院しているのです。
そうはいっても、そのじつ私、ハゲの男性って嫌いじゃないんですよね。

 

特に治療しなくてもいいのになと思います。半年~1年程度育毛剤を使ってみて、全く効果が得られない時は異なるものを使用された方がいいと思います。しかし、育毛剤って効果はいつから出始めるのかわからないからといって使うのを止めてしまうのは、あまりにも急すぎです。

これといった副作用が出ていないのなら、約半年は使用して頂戴。毛が抜けないために納豆などでおなじみのイソフラボンが役にたつのかを探ってみました。

老化が始まってくると体内の女性ホルモンが少なくなってしまいます。

女性ホルモンの減少がみられると抜け毛が増加傾向になります。

女性ホルモンとイソフラボンは、同じような効果があり、抜け毛のストップ効果が期待できます。
男の人によく見られる脱毛症(AGA)を治すにはいろんな種類の薬剤があります。

 

その中でも、症状緩和の効果が高くて、大勢の症状を抱えた人たちに、処方されている薬が、プロペシアという名前の薬とミノキシジルという名前の薬です。

すごく脱毛を止めて発毛を促す事が出来ると言われている薬品ですが、双方の薬を飲んで副作用がでたという報告もあります。

AGAを改善するためには、自分に合った薬を探して選び、気をつけて服用することが大切です。